スポンサーサイト

  • 2010.06.12 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


混沌の時代が求める快男児 4日、「龍馬の世界」スタート(産経新聞)

 ■足跡訪ね、閉塞打破のヒントに

 平成の世に、坂本龍馬がよみがえっている。福山雅治さん主演のNHK大河ドラマ「龍馬伝」の放送がきっかけだが、時代の混沌も“龍馬渇仰論”に拍車をかけている。龍馬は幕末の混乱期に生を受け、薩長同盟を作り上げ、大政奉還というシナリオを描いた。その精華を見届けることもなく、33歳(数え年)で暗殺された。しかしながら、龍馬の奔馬のような生き方は、現在の閉塞(へいそく)状況を打ち破るヒントになるのではないか。そんな思いで、4月4日から毎週日曜日に、龍馬の足跡を訪ねてみたい。案内は福嶋敏雄特別記者、山口晃さんの刺激的なイラストと題字が読者を「龍馬の世界」へと誘(いざな)うだろう。(渡部裕明)

 坂本龍馬は天保6(1835)年11月15日、高知城下に郷士・坂本八平の次男として生まれた。19歳のとき、剣術修業のため江戸に赴いた。この年、ペリーが黒船で浦賀沖に来航し、時代の激動を肌で感じることとなった。

 龍馬を飛躍させたのは、28歳での土佐藩脱藩であろう。土佐藩士という身分を離れ、勝海舟や横井小楠(しょうなん)、高杉晋作、久坂玄瑞(げんずい)らと交わり、視界を大きく開かされる。勝のもとで神戸海軍操練所の塾頭となり、海運を使った商社の創設を夢見るようになった。

 時代を見る目を得た龍馬は、いやおうなく「幕末の政治」に巻き込まれてゆく。弱体化した徳川幕府では、海外列強の侵略は防げない。薩摩や長州など雄藩の力を合わせ、新しい政権を作ることでしか対抗できないのではないか。

 こう信じた龍馬は、西郷隆盛と木戸孝允(たかよし)を面会させて「薩長同盟」を実現させる。対立していた両藩の和解は、龍馬でなくては成し遂げられぬ成果であった。

 この大きな仕事を果たす前、龍馬は長崎で「亀山社中」と名づけた貿易商社を結成する。自分が本当にやりたいのは、世界の海をかけめぐること。龍馬は何にも縛られない自由人であった。

 しかし、龍馬に残された時間は少なかった。ささやかな休暇を、妻のお龍(りょう)とともに九州・霧島に遊んだ。「日本最初の新婚旅行」としてよく知られている。

 慶応3(1867)年11月15日夜。京都河原町の醤油(しょうゆ)商「近江屋」の2階で同郷の陸援隊(りくえんたい)隊長、中岡慎太郎とともにいた龍馬は、刺客に襲われる。応戦したものの頭部を斬(き)られ、亡くなった。遺骸(いがい)は慎太郎とともに、京都・東山霊山(りょうぜん)に葬られた。

 ■司馬遼太郎によりよみがえった龍馬

 今でこそ有名な坂本龍馬だが、明治や大正時代までは故郷の土佐以外、知る人も少なかった。高知で発刊された「土陽新聞」は明治16年から、「汗血千里駒(かんけつせんりのこま)」という龍馬を主人公にした小説を連載した。作者は坂崎紫瀾(しらん)。これが、初めての本格的な龍馬伝とされる。

 決定的に龍馬をよみがえらせたのは、司馬遼太郎である。昭和37年6月から41年5月まで、産経新聞夕刊に「竜馬がゆく」を連載し、彼の自由奔放な生き方は、多くの読者を魅了した。

 司馬はあとがきの中で、次のように書く。

 《日本史が坂本竜馬を持ったことは、それ自体が奇蹟(きせき)であった。なぜなら、天がこの奇蹟的人物を恵まなかったならば、歴史はあるいは変わっていたのではないか》

 司馬のこの見解は、いまでも新しい。史実とフィクションの区別は難しいが、龍馬という人物の魅力が、将来にわたって語り継がれることは間違いない。

【関連記事】
邦夫も「なりたい」 政界で大流行「龍馬」依存症のナゼ
ゲイバーのママから「龍馬伝」まで…田中泯の正体とは
幕末の京を再現「都をどり」 あでやか衣装合わせ 京都
「郷土の偉人」商標登録めぐり食い違い
意外とアレ強い? 関係者激白…大河ヒロイン上野樹里

複数擁立に不満=民主・福山氏(時事通信)
医療法人社団文寿会に保全管理命令―東京地裁(医療介護CBニュース)
<浜岡原発>5号機の大きな揺れの原因は「増幅効果」(毎日新聞)
博多駅、特急1日200本超!“3階建て”から“愛称なし”まで(産経新聞)
ボンネットバスで観光振興=鹿児島〔地域〕(時事通信)

度重なる議事中断、緊張感漂った日医会長選 −ドキュメント(医療介護CBニュース)

 ふたを開けてみれば、代議員の4割近くの得票で勝利した原中氏。だが、他の有力候補も100票超を獲得。日医の分裂も懸念されており、新体制では「反」原中陣営との協調が重要になりそうだ。
4月1日の会長選はピリピリとした緊張感が漂っていた。大阪府医師会から出席した予備代議員の投票を巡り、何度も議事が滞る場面がみられた。
 日医会長選を追った。

午前7:30ごろから 日医会館内で原中氏が
             最後のあいさつ
   8:30ごろ    同会館内で森氏も最後の
             あいさつ
   9:00過ぎまで 日医会館入口で、原中、森両
             陣営が代議員にビラを配布し
             ながら支持訴える
   9:30代議員会が開会
            ・暫定の議長が出席代議員数  
             を公表
             357人(欠席ゼロ)
            ・新議長を選出
     9:40石川育成・新議長があいさつ
      「各候補ともキャビネット選挙をしないと言ってきた。オールジャパンの執
      行部になる。開かれた、公明正大な日本医師会の第一歩になる」と表明    
      <一時休会>
   10:00議事再開
      ・議長が選挙の実施と投票方法について説明・一部の代議員が                
       大阪府の予備代議員の投票に異議唱える
   10:30議事一時中断
   10:40議事再開
      ・議長が予備代議員は投票できないと説明し、同予備代議員に
      退席求める
      ・これに対し、他の大阪府の代議員が再考を要請
   10:45議事が再び中断
   10:50議事再開
      ・議長が予備代議員を「欠員」扱いにすることを出席代議員に確認
      ・議長があらためて出席代議員数356人、欠員1人と修正
      ・投票のために議場を閉鎖
   11:00投票開始
   11:40投票結果発表
       投票総数356票(有効投票数356票)
       金丸昌弘氏   0票
       唐澤祥人氏  107票
       森洋一氏   118票
       原中勝征氏  131票
      ・議長が原中氏を当選人に決定すると宣言
 当選直後、記者団に囲まれた原中氏は、対立候補と票が割れたことについて、「一番票が多かった私が責任を持つ。日医が分裂してはいけない」と強調した。


【関連記事】
政権交代後初の日医会長選、原中氏が勝利
副会長は中川、横倉、羽生田の3氏ー日医役員改選
「全員参加、情報発信力ある日医に」―唐澤氏
日医会長選、3候補が岡山で政策演説会

<水俣病>未認定患者団体「不知火会」が和解案受け入れ(毎日新聞)
<爆発>建設中のごみ処理施設で 4人重傷 4人けが 姫路(毎日新聞)
<鳩山首相>普天間問題 県外移設に向け全力挙げる考え示す(毎日新聞)
校長ら2人略式起訴 東京・杉並区立小の天窓転落死(産経新聞)
<毎日新聞移動支局>祭りと共に開設 足立・舎人公園(毎日新聞)

ヒゲで評価ダウンは不当 慰謝料支払い命令(産経新聞)

 ヒゲを生やしていることを理由に人事評価を低くされたのは人権侵害にあたるとして、従業員の男性(58)が郵便事業株式会社(日本郵便)に慰謝料など計約160万円を求めていた訴訟の判決が26日、神戸地裁であり、矢尾和子裁判長は「ヒゲは身だしなみ基準に違反しない」として、日本郵便に約38万円の支払いを命じた。原告の男性は「長年手入れをしてくるなど愛着のあるヒゲ。人事評価の違法性が認められうれしい」としている。

 訴状などによると、男性は昭和45年から郵政事務官として神戸地方貯金局(現・神戸貯金事務センター)に勤務。平成17年、神戸市内の郵便局に配置換えとなった際、上司から昭和60年ごろから生やしていたヒゲをそるように指示されたが、従わなかった。

 これにより、男性は「従来の業務である窓口業務から外され、さらに身だしなみ基準に違反しているとして人事評価の点数を減らされるなど、不当な扱いを受けた」と主張し、人事評価により減らされた手当や慰謝料などを求めていた。

 郵便事業株式会社近畿支社は「判決理由などを検討し適切に対処したい」としている。

【関連記事】
未婚女性の6割が「オス化」 NEC調査
海外こぼれ話 新妻にひげ…離婚申請
ヒゲの隊長「国防は最大の福祉」に首相「外交努力も大事」
あなたはシェーバー派? カミソリ派? 使い分けて肌に優しく
茶髪&ひげ禁止!巻き返し図る横浜とロッテの本気度
あれから、15年 地下鉄サリン事件

「新人仕分け人」案、1日で幻に=首相要請に党側が難色(時事通信)
水俣病訴訟 午後に和解合意(産経新聞)
<水俣病>2患者団体が一時金など受諾(毎日新聞)
スギ花粉症ワクチンの共同研究に着手―理研と鳥居薬品(医療介護CBニュース)
再審無罪で支援者集会=冤罪被害者も参加−菅家さん(時事通信)

列車往来危険の疑いで捜査=市営地下鉄トラブルで大阪府警(時事通信)

 大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線で15日、電車が切り替わっていないポイントを乗り越え、別の電車が止まっていたホームにつながる線路に進入し緊急停止したトラブルで、大阪府警捜査1課は27日までに、列車往来危険の疑いもあるとみて捜査を始めた。
 運転指令所のミスがあった可能性もあるとみて、同課は運転指令や運転士ら市交通局関係者から事情を聴く。 

【関連ニュース】
線路に自転車、列車衝突=JR日豊線

生方氏解任、タイミング悪い=仙谷氏(時事通信)
運航2社の統合も=仙谷戦略相−宇高航路存廃問題(時事通信)
裁判員の現場まだ試行錯誤…25日で全国一巡(読売新聞)
収賄の元みどり市課長に懲役2年=前橋地裁(時事通信)
小林氏陣営幹部ら2人を起訴…北教組事件(読売新聞)

サーベイランス体制の見直しを検討―インフル対策で厚労省(医療介護CBニュース)

 厚生労働省は3月19日の記者会見で、新型インフルエンザが終息傾向にあることを受けて、対策の見直しを検討していることを明らかにした。医療提供体制を維持する一方、サーベイランス体制を見直す方針で、月内には方向性を示す。

 同省健康局結核感染症課の江浪武志課長補佐は会見で、新型インフルエンザは「終息傾向にある」との認識を示した上で、「サーベイランスに関しては、これまでも患者が増えてくる中で順次見直してきた。流行状況を踏まえて、何か見直す必要があるのかを検討している」と説明した。
 一方、医療提供体制については、「いつ次の流行が起こってもおかしくない。引き続き感染対策を十分にやっていただく必要がある」と述べ、現行の体制を維持する考えを示した。

 現在、インフルエンザについて実施しているサーベイランスは、インフルエンザ定点医療機関の患者報告のほか、休校数と入院患者数の把握、死亡症例の即時報告など。このうち入院患者数の把握と死亡症例の即時報告は、新型インフルエンザの発生後に開始した。


【関連記事】
インフル患者、7週連続で減少
低死亡率は早期の抗ウイルス薬が奏功―新型インフル
「ヒト型」に変異で患者増も―新型インフルで感染研・安井主任研究官
「新型」診断の医師の届け出義務を廃止−厚労省
新型患者の届け出基準を改正―24日から集団サーベイに

秋篠宮家 眞子さま佳子さま卒業(毎日新聞)
「爆弾低気圧」が原因か、列島襲撃・春の嵐(読売新聞)
<殺人容疑>夫が妻子刺し死傷 大分(毎日新聞)
違法情報サイト、積極摘発=管理者を「ほう助」で立件−警察庁、全国に指示へ(時事通信)
センバツ 小林繁さんの教え子夢舞台に 敦賀気比の3選手(毎日新聞)

最高裁判事に岡部喜代子氏、歴代4人目の女性(読売新聞)

 政府は19日の閣議で、4月5日に定年退官する藤田宙靖(ときやす)・最高裁判事の後任に、慶応大の岡部喜代子教授(60)(民法)を任命することを決めた。

 発令は4月12日付。女性の最高裁判事は歴代4人目。現役の最高裁判事には2008年9月に任命された元労働省局長の桜井龍子氏(63)がおり、最高裁の現職裁判官15人のうち同時期に女性が2人務めるのは初めて。藤田氏と同じ学者出身者の中から人選が行われた。

 最高裁判事の任命は民主党が政権に就いて以来、5人目になるが、官邸サイドからは最高裁の判事に「女性が少ない」という意見が上がっていたといい、これが女性民法学者の起用につながったとみられる。

 最高裁に女性判事が初めて誕生したのは1994年の細川政権時で、当時の細川首相は「重要ポストに女性を起用する姿勢を連立政権として定着させたい」と述べて、元労働省局長の高橋久子氏を起用した。

<京都精華大>業田良家さんが客員教授に(毎日新聞)
<スギヒラタケ>強い毒性、腎機能正常でも 高崎健康福祉大(毎日新聞)
<普天間移設>北沢防衛相、沖縄知事と意見交換へ(毎日新聞)
<JT>火不要の無煙たばこ、まず都内限定で5月に発売(毎日新聞)
シー・シェパード元船長の拘置延長(読売新聞)

高校無償化法案が審議入り=4月から施行へ−参院(時事通信)

 高校授業料の実質無償化法案は、参院でも19日午前の本会議で趣旨説明と質疑が行われ、審議入りした。政府・与党は年度内に同法案を成立させ、4月から施行する方針だ。
 法案は、公立高校では授業料を徴収せず、私立高校生に関しては世帯の所得に応じて年11万8800〜23万7600円の就学支援金を助成する内容。就学支援金は学校設置者に支給し、各世帯は授業料と就学支援金の差額を負担する。
 高校無償化の対象に含めるかが焦点の朝鮮学校については、法案成立後に第三者が評価する枠組みを設けて最終判断する方針。このため施行段階では結論を先送りする。 

【関連ニュース】
「総務相に問題」=2度遅刻の原口氏、また陳謝へ
朝鮮学校除外に懸念表明=高校無償化で
公・共の賛成ありがたい=子ども手当法案の衆院通過
子ども手当法案が衆院通過=公明、共産も賛成、月内成立へ

子ヤギ、14日にもデビュー 米子のトム・ソーヤ牧場(産経新聞)
「心臓病に効く」とサプリ販売=東大病院医師かたり偽薬−容疑で無職男逮捕・警視庁(時事通信)
普天間移設 首脳会談で議論せず 核サミット時、短時間の表敬扱い(産経新聞)
甲子園8回の野球部監督逮捕=傷害容疑で−広島県警(時事通信)
現代の傾奇者集う 武蔵野市・月窓寺(産経新聞)

民主・公明接近、目玉政策でも…参院選後に連携?(読売新聞)

 民主、公明両党が10日、子ども手当法案と高校授業料無償化法案の修正で一致し、急接近ぶりを見せつけた。

 両党とも実績づくりを優先した形だが、他党からは「民主、公明両党は参院選後の連携を視野に入れているのではないか」との見方も出ている。

 2法案の修正協議は、公明党の漆原良夫国会対策委員長が9日、民主党の山岡賢次国対委員長に呼びかけて始まった。10日は両党幹部や平野官房長官が断続的に協議した。関係者によると、平野氏は法案修正に慎重な考えを示したが、山岡氏が「公明党の言う通りにすればいい」と押し切る場面もあったという。

 子ども手当創設と高校授業料の実質無償化は、民主党が昨年の衆院選のマニフェスト(政権公約)で掲げた「目玉政策」だ。党内では、野党との「対決法案」になることを回避できれば、「『民主党の政策は正しい』とアピールしやすくなる」(同党幹部)との声が出ていた。

 相次ぐ政治とカネの問題で、民主党内では最近、参院選での苦戦を予想する声も出ており、公明党との関係構築は、政局を有利に進めることにつながるとの思惑も働いたようだ。

 鳩山首相は10日、首相官邸で記者団に、子ども手当法案の修正について「ある意味、公明党さんが大変大事にしている子どもに対する政策だ。協力関係が出来るのは政権にとってありがたいことだ」と述べ、公明党の対応を評価した。

 一方の公明党は、野党転落で、参院選を前に支持者に訴える実績がないことに頭を悩ませていた。自公政権時代から児童手当の拡充を進めてきた経緯もあり、子ども手当創設などに関与するのが得策と判断した。

 両党の接近は他党に波紋を広げている。

 法案の修正協議は両党だけで先行して進められたため、社民党党首の福島消費者相は10日の記者会見で、「連立与党で協議してから(公明党に)ボールを返すのが筋だったのではないか」と民主党の対応に疑問を投げかけた。国民新党幹部は「民主党は連立より公明が大事なようだ」と吐き捨てた。自民党内では「公明党がここまで与党にすり寄るとは思わなかった」と警戒とも落胆ともつかぬ声が出ている。

<七味唐からし>異物混入 長野「八幡屋礒五郎」(毎日新聞)
高齢患者骨折「一晩で2人とも」元看護師が供述(読売新聞)
<1票の格差>09年衆院選小選挙区は合憲 東京高裁判決(毎日新聞)
<自民党>参院選の公認候補発表(毎日新聞)
景況判断、9カ月ぶり上方修正=地域経済調査−経産省(時事通信)

<火災>民家焼き幼い兄弟死傷 北九州(毎日新聞)

 10日午後8時10分ごろ、北九州市八幡西区岸の浦1、会社員、松尾俊(さとし)さん(35)方から出火、木造2階建て約150平方メートルのうち1階の約20平方メートルを焼いた。この火事で松尾さんの次男、亮佑ちゃん(1)が死亡。長男の勇汰ちゃん(3)は重傷、妻美佳子さん(33)は軽いけがをした。

 福岡県警八幡西署などの調べでは、出火元は1階の台所付近とみられる。現場はJR黒崎駅の南約1.2キロの閑静な住宅街。

【関連ニュース】
火災:2階建て住宅全焼 男性の遺体発見 横浜市港南区
火災:アパートなど5棟燃える けが人なし 東京・杉並
工場火災:東大阪市で700平方メートル全焼 けが人なし
博多火災:被災ラーメン店1週間ぶり再開
火災:静岡・三島の老人ホーム、焼け跡から1遺体

学士院賞 iPS細胞研究の山中氏ら11人に(毎日新聞)
札幌の老人介護施設で火災、中に数人か(読売新聞)
振り込めグループにも携帯貸す=本人確認せず、経営者ら再逮捕−警視庁(時事通信)
千葉県警元警部補 覚醒剤使用「間違いありません」 地裁初公判(産経新聞)
【医薬最前線】第1部 ドラッグ・ラグの行方(1)「薬があるのに使えない」(産経新聞)

国保の不正加入 都が実態調査へ(産経新聞)

 東京都が認可する国民健康保険組合(国保組合)に多数の無資格加入や偽装加入が疑われるとして、都は来年度から、補助を行う国保組合団体への指導監督を強化し、不正の有無について実態調査に乗り出す方針を固めたことが11日、分かった。都議会予算特別委員会で、公明党の谷村孝彦都議の質問に答える。

 国保組合への無資格加入をめぐっては、全国建設工事業国保組合(本部・東京都)で、多数の建設業に無関係な加入者がいることが発覚、都と厚生労働省が本部などに立ち入り検査を実施している。無資格加入の原因には、市町村国保より安いなどの背景がある。

 都が認可する国保組合団体は、23万人が加入し都の補助金を占める東京土建国保(新宿区)や、東京都医師国保(中央区)など22団体で、都からは計68億円の税金が投入されている。

将棋の有吉九段が1000敗目(時事通信)
長崎県コンドーム販売規制条例 継続か撤廃かで議論続く(J-CASTニュース)
仲井真知事「陸上案はベクトルが逆」 普天間問題、平野官房長官と会談(産経新聞)
顔や両足に打撲の跡=死亡の4歳男児−埼玉県警(時事通信)
南海高野線小型ヘリ墜落事故、嫌疑不十分で不起訴(産経新聞)

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
sponsored links
リンク
競馬サイト
審査 甘い キャッシング
債務整理 無料相談
情報商材
自己破産
クレジットカード現金化 比較
selected entries
archives
recent comment
  • <民主党>「強い財政」前面に 参院選マニフェスト(毎日新聞)
    ぱんてい (05/05)
  • <民主党>「強い財政」前面に 参院選マニフェスト(毎日新聞)
    志波康之 (01/18)
  • <民主党>「強い財政」前面に 参院選マニフェスト(毎日新聞)
    桃医 (01/12)
  • <民主党>「強い財政」前面に 参院選マニフェスト(毎日新聞)
    道隆 (01/04)
  • <民主党>「強い財政」前面に 参院選マニフェスト(毎日新聞)
    サキューン (12/30)
  • <民主党>「強い財政」前面に 参院選マニフェスト(毎日新聞)
    リョータ (12/26)
  • <民主党>「強い財政」前面に 参院選マニフェスト(毎日新聞)
    晶太郎 (12/21)
  • <民主党>「強い財政」前面に 参院選マニフェスト(毎日新聞)
    きんちゃん (12/18)
  • <民主党>「強い財政」前面に 参院選マニフェスト(毎日新聞)
    俊之 (12/05)
  • <民主党>「強い財政」前面に 参院選マニフェスト(毎日新聞)
    ポコラーニャ (11/27)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM